• 仙台会社設立センター
  • 宮城県司法書士会
  • リーガルサポート
  • 法テラス
  • 法テラス
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
交通事故
交通事故
元損害保険会社社員の司法書士がお手伝い致します。
交通事故
交通事故
交通事故の相談をする
交通事故交通事故交通事故6以降ですと、すでに和解契約が成立した段階ですので、要素の錯誤、あるいは新たな事実等がありませんと、交渉は困難になります。
被害者が受け取れる損害賠償と損害金
被害者が受け取れる損害賠償、損害賠償金は概ね以下のとおりです。 交通事故交通事故自動車事故の慰謝料は、定額化されており、保険会社の提示額は弁護士会の基準より低い場合が多いのです。(保険会社も民間企業ですから、支払金額を少しでも低く抑えようとするのは当然です。)

交通事故慰謝料に対する仙台での保険会社対応は?
1 大手損保 症状固定後当初は弁護士会基準の60%前後で提示するようです。当事務所が介入して任意交渉の場合は、80%まで増額、100%までにするためには調停申立、提訴が必要となる場合が多いようです。
2 大手以外 当初提示額は大手損保と同じ、あるいは50%程度のケースが多いようです。任意交渉で増額する場合、しない場合様々です。
3 JA共済 当初から60~70%で提示してきます。任意交渉でも100%まで増額できる事が多いようです。事故被害者救済に最も良心的な法人です。

弁護士・司法書士・行政書士の違いは?
弁護士
交通事故の示談交渉を、すべて代行できます。裁判上の手続きも当然OK。
難点は報酬が高い点、通常着手金30万前後、成功報酬は経済的利益の10%~30%程度死亡事故や、過失割合に争いがあり、訴訟が予想されその金額が高額な場合は、弁護士に依頼するのがベター。
司法書士
係争となる金額が140万までであれば、弁護士と同じような依頼が可能。上記金額の範囲であれば裁判上の手続きもOK。
メリットは着手金の低額な点、当事務所の場合5万円から。
140万円以上の場合でも、簡単な事案であれば、裁判所提出書面の作成を代行してくれる。
慰謝料についての争い等であれば利用するメリットは大きい。
行政書士
権利義務に関する文書の作成を、代行することができる。しかし示談交渉等はできない。
また裁判上の手続きも不可。和解成立済みの書面作成等であれば、低額で行ってもらえる。
弁護士費用特約利用について
現在加入している自動車保険に弁護士特約が付帯されている場合、司法書士の示談交渉においても使うことが可能です。使用する場合は、当事務所へご相談後、保険会社へ、当事務所へ依頼した旨をご連絡してください。

業務案内
不動産登記
不動産登記に関する相談事例や登記内容に関するページです。
相続・遺言
相続・遺言の注意点や事例に関するページです。
後見制度
後見制度の詳細と具体的事例に関するページです。

交通事故
交通事故損害賠償に関する流れや慰謝料に関するページです。
独立・起業
会社設立までの流れや独立・起業に関するページです。
不動産アドバイス
不動産購入の方法や実践的アドバイスのページです。
不動産問題
不動産問題に関する内容と実例のページです。